トピックス
-

  • 2013.4.23
    ISO22000:2005を認証取得
    エイムカイワ山形工場は、2013年4月10日に食品安全マネジメントの国際規格であるISO22000:2005を認証取得したことをご報告いたします。

    当社は「私たちは食を通じて地域社会に奉仕することを信条にする」をビジョンに掲げ、お弁当や給食を日々提供して参りました。

    ISO22000での管理体制の下、今後も美味しく品質の高い、安全で安心していただける食事の提供に努め、お客様の笑顔を広げ、美味しい食事を通して人々の暮らしを支えて参ります。

    ISO22000:2005とは
    ISO22000は、HACCPの食品衛生管理手法をもとに、消費者への安全な食品提供を可能にする食品安全マネジメントシステムの国際規格です。

    認証機関:Moody International Certification LTD.
    登録企画:ISO22000:2005
    認証登録番号:12191212001
    認証範囲:弁当給食の製造及び配送・サービス
    認証日:2013年4月10日

  • 2011.8.3
    牛肉セシウム問題
    現在、マスコミや新聞各紙で牛肉から基準値を超える放射性セシウムが検出された件につきまして弊社の対応をご報告いたします。 弊社が取り引きしております仕入業者に確認を取り、原料原産国を確認し、セシウムに対し安全であると報告をうけました。現在はオーストラリア産を使用しております。 今後も安心で安全なお食事を提供する為に、その都度、情報を提供して参りたいと思います。 喫食者の皆様には引き続きご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。
  • 2011.3.24
    営業を再開
    現在、心配された食材や燃料の確保も少しずつながら回復の兆しが見え初めています。今まで、お休みさせて戴いておりましたみなさまにも3月28日(月)より営業を再開いたしますのでご案内申し上げます。今までご迷惑をおかけ致しましたことにお詫び申し上げるとともに、今後も安定した食事の提供を行うべく鋭意努力する所存ですのでよろしくお願い申し上げます。
  • 2011.3.22
    被災地の復旧・復興支援活動
    みなさまからのご理解・ご協力を戴き、優先的に被災地へのお弁当・おにぎり・味噌汁などを製造し、お届けしておりますが、3月22日現在宮城県内に於いて8,000食のお弁当・おにぎりを無償提供いたしており、その他にも陸上自衛隊や東北電力、国土交通省や仙台市消防局等にもおにぎりやお弁当などの支援を行っております。 この支援活動も一重にお得意様みなさまからのご協力のお陰と改めてお礼申し上げます。今後も微力ながら被災地の復旧・復興支援活動を続けていきたいと思います。
  • 2011.3.14
    東北地方太平洋沖地震について
    この度の東日本巨大地震(東北地方太平洋沖地震)で被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。 この地震に伴い弊社の山形工場・宮城県内2工場・白河工場のインフラ機能全てが停止し、商品製造不可能な状態となりました。 その後、山形工場、宮城県内の太白工場が13日の朝より工場を再開し、被災地へのおにぎりやお弁当の提供を始めています。 然しながら、ガスやガソリンの不足、また食材の確保難など不安定な要素が多く、山形工場の一部のお得意様にご理解を戴き、被災地へのお弁当を優先的に提供させて戴いております。 宮城県復興の見通しが立つまで、お得意様各位には大変なご迷惑・ご不便をおかけ致しますが、事情お察しのうえ、なにとぞご協力戴きたくお願い申し上げます。 代表取締役 海和 浩運
2ページ中1ページ目を表示12